文字サイズ

ホーム > はらからとは? > イベント・研修情報

イベント・研修情報

牛タン祭りを開催いたします!

 先月リニューアルオープンいたしました【みお七ヶ浜】にて
 牛タン祭りを開催いたします!


 日 時: 平成28年3月20日(日)11:00~14:00
 場 所: はらから福祉会 みお七ヶ浜(宮城県宮城郡七ヶ浜町遠山5丁目6番地40


 「はらから みお七ヶ浜」と「株式会社 陣中」様との業務提携により、
 仙台名物牛タンの直売が七ヶ浜の地で実現いたしました。
 多くの皆様に〈陣中の味〉〈みお七ヶ浜の想い〉を届けたいと考え、このイベントを開催致します。

 イベント当日には、
 ●牛タンの炭火焼き
 ●牛タン100%肉団子鍋
 もございますが、

 〇牛タン加工技術パフォーマンス
 〇利用者さんの製造の見学
 もご覧いただけます。

 またお楽しみイベントとしまして、
 「沖永良部島産 新じゃがつめ放題」も行います!!

 

写真  写真
 

カテゴリ:イベント情報 2016/03/05

イベント・研修情報

第31回 はらから公開講座

【第31回公開講座】 はたらく 連続講座 第3部


 演 題:「利用者も職員も同じ働き手」
  ~障害があっても必要不可欠な人材~


 日 時: 平成28年3月13日(日)10:00~12:00
 場 所: 槻木生涯学習センター(宮城県柴田郡柴田町槻木下町3-1-60
 参加費: 無料  ※事前にお申し込みをお願いいたします。 


 はらから福祉会では、「利用者も職員も同じ働き手」という考え方を基本にして日々の生産活動を
 行っています。障害を持った人でも地域で当たり前に暮らせるためには、収入(所得)が必要にな
 ります。このことに障害の有無は関係ありません。その為には仕事が必要であり、その仕事(所得)
 を保障するのがはらから福祉会の役割であります。今回の講座は、その仕事をどう選択しているの
 か、利用者と共にどうやって商品に付加価値を付け所得保障を目指しているのか説明いたします。



 今回のねらい

  <どうやって職員の力量に近づけるのか>

  ・例えば今利用者の力が、3/10だとしたら7/10に引き上げる。
    方法:1人1人の力を高める=チーム化(細分化)、機械化、視覚化など
  ・大量生産ではなく、付加価値を付けた商品つくり

 


 内容
   1、開会(5分)
   2、武田理事長より(40分)
     ・はらからの基本的な考え方
   3、各施設での取り組み
     <利用者と共に>
     1) 仕事の質と量を高める
     2) 商品に付加価値をつける
     ・蔵王すずしろ(20分)豆腐製造について
     ・びいんず夢楽多(20分)油揚げ製造について
     ・みお七ヶ浜(20分)新事業について(レストラン・牛タン惣菜)
   4、質疑応答(10分)
   5、閉会(5分)


 ・ポスター          ・申込書
写真  写真
   ※事前にお申し込みをお願いいたします。  


 お問い合せ先       :はらから会事務局(9:00~17:00 火~土)
 お電話でのお申し込み   :0224-58-3446 (お名前・所属等・電話番号をお伝えください)
 FAXでのお申し込み :0224-54-4112 (上記の申込書をご利用ください)
 メールでのお申し込み :info@harakara.jp
(お名前・所属等・電話番号を明記ください)

カテゴリ:イベント情報 2016/02/23

イベント・研修情報

賀正~新年のご挨拶~

 

     「みお七ヶ浜」牛タン事業についてはこちらから
     ※現在、新事業移行により準備中となっております。ご了承ください。

     はらから蔵王塾についてはこちらから

カテゴリ:イベント情報 2015/12/24

イベント・研修情報

年末のご挨拶と年末年始休業のご案内

 

     みやぎHACCP登録事業所についてはこちらから
     ※ページ内下部>登録施設>岩沼>5>社会福祉法人はらから福祉会 えいむ亘理

     平成26年度 宮城県就労継続支援B型事業所 工賃実績についてはこちらから
     ※ページ内>2 就労継続支援B型事業所平均工賃[PDFファイル]  をご確認ください。掲載情報は順不同です。

 

 

 年末年始休業のご案内 

平素は格別のお引き立てをいただき御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、年末年始のため下記の通りお休みとさせていただきます。

 

【 年末年始休業期間 】

2015年12月27日(日)~2016年1月4日(月)

■ご不便とご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

カテゴリ:イベント情報 2015/12/24

イベント・研修情報

第30回 はらから公開講座

 

 【第30回公開講座】 はたらく 連続講座第2部

 

 演 題:「はたらく力を育てる」

  ~常識を超えよう、働くことに障害の有無は関係ない~

 日 時:平成28年2月7日(日)10:00~12:00

 場 所:槻木生涯学習センター(宮城県柴田郡柴田町槻木下町3-1-60

 

 はらからが誕生して約30年、所得保障月額7万円を目標に掲げ、様々な取り組みを行い現在に至りました。

 現在の利用者工賃(約300名)は、法人全体の平均で月額約5万円を支給しています。 

 では、賃金を生み出すための仕事を行うために、利用者を働き手に育てる取り組みはどこまで来ているのか。

 さらに今春開校予定の「はらから蔵王塾」とはどのような取り組みなを行い、障害者を働き手に育てていくのか

 を本講座で説明いたします。

 

 

 働くとは

  「働く」の語源は「傍(はた)を楽にするともいわれています。「はた」というのは他者のことです。

  他者の負担を軽くしてあげる、楽にしてあげるというのがもともとの「働く」の意味という考え方です。

  はらからの利用者は、はじめから現在の仕事を出来たわけではありません。

  今も働くために日々利用者と職員が共に取り組んでいます。様々な障害を持った方々が、それぞれの役割を

  持って仕事に取り組み、

  ひとつの商品を作り上げています。どの作業もなくてはならない仕事です。はらからでは障害が重い人が、

  どんな役割を果たしているのか。ぜひ確認してください。

 

 内容

   1、武田理事長より

     ・はらからの基本的な考え方

   2、各施設での取り組み

     ・えいむ亘理(平成26年度 宮城県就労継続支援B型事業所工賃実績第1位)

     ・くりえいと柴田(平成26年度 宮城県就労継続支援B型事業所工賃実績第2位)

     ・はらから蔵王塾(28年度開設予定、4年間を目安に働く力を育てる事業)

 

 

 

 お問い合わせ:はらから福祉会 法人本部  TEL 0224-58-3443  E-Mail info@harakara.jp

 

 

カテゴリ:イベント情報 2015/12/23

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17  次へ 

はらからとは?