文字サイズ

ホーム > はらからとは? > イベント・研修情報

イベント・研修情報

きょうされん第36回全国大会in東北・ふくしまが開催されます

fukushima_top_001

開 催 趣 旨

地震が起こる前、私たちは新しい福祉施策をつくろうとしていました。

障害者自立支援法違憲訴訟で国が示した合意文書をかみしめ、多くの国が、署名した障害者権利条約の批准にふさわしい法整備を目指していました。
今まで多くの障がい者が望み、声をあげ続けてきた
 
「当たり前に暮らし、働き、楽しみを持って生きるために」
 
2011.3.11  あの大震災が起きました。
命を奪われる障がい者
避難できない障がい者
仕事を失う障がい者
原発事故賠償請求をあきらめる障がい者
 
新しい福祉施策をつくろうとしていた時、起きた地震・津波・原発事故は、障がいがあるがゆえに負わされてしまった多くの困難を見せつけました。
そして、命を守り、つなぎ、暮らしや仕事をとりもどそうと、その困難に東北は立ち向かってきました。

国が作ろうとしている障害者施策は、被災した東北を救えるのか。
もし、同じことが日本のどこかでおきた時、
命を奪われた障がい者を救えるのか。
避難できなかった障がい者を救えるのか。
仕事を失い、なんの保障も受けられなかった障がい者を救えるのか。
原発事故賠償請求をあきらめた障がい者を救えるのか。
 
東北で起きたことを、東北が立ち向かったことを
今、日本が目指し、作り上げなければならないことを
ここから「つたえ つなぎ はじめる」のです。
 
東北を、応援してくれたみなさんと
東北の復興新生に、がんばっている障がいのある仲間と支える人たちと
福島で、多くの困難を背負わせてしまった未来を築く若い人たちと
復興新生のため、懸命の努力をしている東北・ふくしまの企業、団体、関係者たちと
ここから「つたえ つなぎ はじめる」のです。
 
多くの支援への感謝と未来への道しるべをしめす全国大会を
東北が、ふくしまが、勇気と夢と希望を持って元気に歩いていくための全国大会を
 
東北ふくしまで
 
2013年9月21日(土)22日(日)開催いたします。


 

開催要項はこちら (PDF)

詳しくは、きょうされん福島支部のホームページをご覧ください。

 

カテゴリ:イベント情報 2013/05/03

イベント・研修情報

平成25年度 はらから会総会のご案内

平成25年度のはらから会総会が以下の日程で行われます。

議事の内容は昨年度の事業報告と決算報告ならびに本年度の事業計画と予算になります。

はらから福祉会を支えるはらから会が、研修やイベントなどでどのように活動していくのか。多くのみなさまのアイデアを持ち寄り、本年度よりよい運営ができるようになればと思っています。

また、今回ははらから製品を召し上がっていただく懇親会(無料)も行いますので、会員、非会員を問わず多くの皆さまににお集まりいただきたくご案内申し上げます。

 

平成25年度 はらから会総会

と き:平成25年 5月26日(日) 午前10:00~ 

    ※議事終了後、懇親会(昼食・無料)を予定しています。終了は午後1:00頃の予定です。 

場 所:はらから地域生活支援センター (JR東北本線船岡駅前)

 

※お手数ですが、昼食準備の都合上、参加いただける場合は事前にはらから会(0224-58-3446)までご連絡ください。利用者・保護者・職員の方は、所属施設のはらから会担当者にお知らせください。

カテゴリ:イベント情報 2013/04/13

イベント・研修情報

2013 新年度の職員体制について

 はらから福祉会では工賃倍増5カ年計画を策定し、昨年末で一応の区切りとなりました。はらから福祉会の全施設支給工賃7万円の目標は残念ながら達成できませんでした。
 これまでの反省を踏まえたうえで、新年度からは「はらから未来プロジェクト」が始動しました。
 今後2カ年で支給工賃月額7万円を目指します。そのため、今年度は各施設とも、目標を達成するために、大幅な事業改変を行う予定です。(内容については順次お伝えしていきます。)


 平成25年度は下記の内容と職員でスタートします。


蔵王すずしろ

 所   長 小石澤邦彦
 所長代理 小熊久男
 副 所 長 平間俊之 職員12名
 主な事業 豆腐製造事業

びいんず夢楽多

 所   長 遠藤正好
 副 所 長 水戸敬子 職員11名
 主な事業 油揚げ製造事業

ふきのとう村田

 所   長 本木 仁
 副 所 長 太田 恵
 製造部長 高橋正勝 職員2名
 主な事業 リサイクル事業

登米大地

 所   長 佐藤弘志
 副 所 長 小山美香 職員6名
 主な事業 油麩製造事業

えいむ亘理

 所   長 我妻時彦
 副 所 長 南條 剛
 製造部長 水沼義信 職員6名
 主な事業 水産加工事業

はたまき・手づくりの里

 所   長 太田幸二
 副 所 長 横山孝寿 職員8名
 主な事業 菓子製造事業

くりえいと柴田

 所   長 高橋祐一
 所長代理 遠藤路子
 副 所 長 菊地光博
 製造部長 高野幸栄 職員7名
 主な事業 パン製造事業

みお七ヶ浜

 所   長 安斎幸子
 副 所 長 高野真美
 製造部長 遠藤克弥 職員8名
 主な事業 豆腐製造事業・ラーメン

法人本部

 理 事 長 武田 元
 総務部長 砂金正博
 経理部長 武田茂子
 営業部長 佐藤 昭
 統括製造部長 小石澤邦彦
 生活支援部長 久田公子


 今年度は、事業移転関係で所長代理の役職が新設されました。
 また、昨年までの就労支援部が製造部と名称を改め、製造・品質管理・衛生などを担当する施設の製造部長の役職が新設されました。。製造部長は事業改変及び大幅な規模拡大を行う施設に配されます。
 本年度はこの布陣で利用者のみなさんとともに、工賃アップを目指します。今後とも変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:未分類 2013/04/06

イベント・研修情報

ジーンズ祭り 開催中!

 

ジーンズ祭り 開催中!

蕗のとう共同作業所・輝再館では、ただいま「ジーンズ祭り」を開催しています。


 蕗のとう共同作業所(輝再舘)は、リサイクル事業(古着販売)を行っていますが、今回のイベントのために、今まで秘蔵してあった200本のジーンズに加え、新たに「ブックオフ」でお馴染みの東都クリエートさんより800本のリサイクルジーンズをご提供いただきました。ジーンズ祭りの期間中は、このトータル1000本のリサイクルジーンズを販売する予定です。


 ジーンズの銘柄も、リーバイス、エドウィン、ラングラー、リーなど名の通ったメーカー品の中から、リサイクル品としての品質が良いものを特に厳選しています。これらをどれでも1本1000円でご提供しています。


 2月には宮城テレビの「ohバンデス」でも紹介されました。
 あなただけの掘り出し物を、ぜひ蕗のとう共同作業所・輝再舘まで探しにいらしてください。


 

P1000403.JPG いい感じに色あせたジーンズを期間中、1000本ご用意しました。
P1000406.JPG メーカーごとに分類されているので、お気に入りのメーカーがある方は探しやすくなっています。
P1000410.JPG すべて有名メーカーの品物です。
P1000416.JPG

イケ面店員さんがお出迎え。

なんでも聞いてください。



蕗のとう共同作業所・輝再舘 [ ジーンズ祭り ]  場所はこちらです。


 平成25年3月1日~31日 OPEN 9時30分~17時 ※月曜定休日

村田町大字村田字南乙内22
  (旧・村田第三小学校跡)
お問合せ電話番号
  0224‐83‐5743

 

 

カテゴリ:イベント情報 2013/03/03

イベント・研修情報

きょうされん宮城 市民公開セミナー(報告)

真の制度改革実現を目指して

今回のきょうされん宮城市民公開セミナーにおいて、加盟のCILたすけっと杉山氏より感想をいただきました。


市民公開セミナーに参加して

CILたすけっと 副代表 杉山裕信 

 去る1月20日に、きょうされん宮城支部が主催した、市民公開セミナーに参加しました。
昨年末に衆議院選挙があり政権が交代する中で、今後障害者福祉はどうなっていくのだろうと皆が不安に思っている中で、タイムリーな企画でした。藤井克徳さんを迎えて、前政権で行われた一連の障害者福祉制度改革の流れや基本文書や骨格提言や部会意見の重要性について、とても分かり易く話して頂きました。例え現政権が制度改革に積極的じゃなくとも、これらの文書は公式文書として残るわけだから、この文書に書いていることに近づける努力を国としてはやらなければならないはずなので、諦めることはないという言葉に大変力づけられました。
 これまでの、骨格提言や部会意見は障害者基本法、障害者総合支援法、障害者差別禁止法に対する具体的な提案です。これでは、障がい者福祉は施しでしかなく、障がい者の暮らしは一向に良くなりません。
 2006年に国連で障がい者権利条約が採択され、日本でも署名に続き批准がなされようとしています。この条約は一言で言うならば、「障がい者に対する見方を、福祉施策の客体から権利の主体者に変える」ということです。この条約の批准を前提に考えるならば、障がい者の法律は全て条約に見合うものにしなければならないというのが、障がい者制度改革推進会議の考え方でした。
 しかも、この3つの法律をつくってから、障がい者権利条約を批准しようとしていますので、3つの法律をしっかりしたものにするためにも、その大元になる障がい者基本法に「障がい者は権利の主体者である」ということがしっかり書きこまれたことは大きなことでした。
 しかし、この後、障害者自立支援法が、ほとんど内容の変わらない障害者総合支援法になったり、障害者差別禁止法は政府案が出てくるかさえ分からない状況になりました。
 これからの展開によっては、あらゆる局面でいわゆる「骨抜き工作」が行われる可能性があります。私たちの望まぬ法律ができるのは許せません。私たちの考え・思いを理解頂き、私たち障がい者のため、いやもう一歩進めて考えれば健常者を含めた日本国民のために「骨抜き」を許さない活動をしていくことが重要だと思いました。
 これからの障がい者運動のポイントは、障がい者制度改革推進会議が法律づくりにも、どれだけかかわれるかということで、「何をつくるかではなく、誰がつくるか」という所となってくる、という藤井さんの発言は大事なことだと思いました。

CIMG0735.jpeg

↑ 市民セミナーで講演するきょうされん藤井常務理事


今回ご報告いただいたCILたすけっとのブログはこちらです。

カテゴリ:研修情報 2013/01/31

前へ  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26  次へ 

はらからとは?