文字サイズ

ホーム > はらからとは? > イベント・研修情報

イベント・研修情報

誰もが地域で安心して暮らせる社会を目指して


~国連障害特別報告者 シュアイブ・チャルクレンさんを囲んで~

  国連障害特別報告者 シュアイブ・チャルクレンさんを迎え、障害者権利条約に関わる世界の動向や、国内で進められている障害者制度改革の現状を学びながら、東日本大震災における障害者への支援活動等を通して浮かび上がってきた課題を踏まえ、障害者権利条約に根差した地域づくりと復興について考えるシンポジウムを開催します。

主催:日本障害フォーラム(JDF)、JDF宮城
協力:みやぎアピール大行動実行委員会、被災地障がい者センターみやぎ
キリン福祉財団、損保ジャパン記念財団、ヤマト福祉財団助成事業 


 

日 時:平成24年11月8日(木)13時00分~16時30分
場 所:仙台市福祉プラザ 2階 ふれあいホール
     (〒980-0022 仙台市青葉区五橋二丁目12番2号)

○定員:250名 (定員になり次第締め切らせて頂きます)
○参加費:無料
○プログラム
 13:00 開 会
 13:10 基調講演
        シュアイブ・チャルクレン(国連障害特別報告者) *逐次通訳があります
 14:10 質疑応答
 14:30 休憩
 14:45 特別報告
       「障害者制度改革の最新動向について」
        藤井 克徳(JDF幹事会議長、障害者政策委員会委員長代理)
 15:15 シンポジウム
       「誰もが地域で安心して暮らせる社会を目指して
        ~障害者権利条約に根差した地域づくりと復興~」
        地域の障害者団体・関係団体(調整中)
 16:30 閉 会


 

シュアイブ・チャルクレン(Mr. Shuaib Chalklen)
(国連障害特別報告者)

シュアイブ・チャルクレン氏の写真

南アフリカで障害者の権利問題に取り組んできた障害当事者。
2009年8月、国連経済社会理事会から第3代目の国連障害特別報告者
(the Special Rapporteur on Disability of the Commission for Social Development)に任命され現在に至る。

~略歴~

1991年 ケープタウン大学卒業(社会科学学士)、その後マンチェスター工科大学やハーバード大学でも学ぶ
1996-2001 南アフリカ大統領府 障害者の地位に関する事務局長(ディレクター)
2003-2006 アフリカ障害者の十年事務局 最高経営責任者(CEO)
2006-2007 南アフリカ共和国大統領シニア政策アナリスト

国連障害特別報告者とは?

「障害者の機会均等化に関する基準原則」(93年国連総会採択)が世界各国でしっかりと実施されているかモニターし、障害者の地位向上に取り組むために、世界で1人だけ選任されている。

 

【会場へのアクセスについて】
会場は、仙台市営地下鉄「五橋」駅 南1番出口より、徒歩3分です。
駐車場の台数に限りがございますので、公共交通機関をご利用くださいますよう、ご協力をお願いいたします。

参加申込用紙に必要事項を明記し、FAXまたは郵送、Eメールで下記までお申し込み下さい。

お問合わせ・お申込:JDF宮城 シンポジウム事務局
〒980-0022 仙台市青葉区五橋2-12-2 仙台市福祉プラザ 5階
NPO法人 仙台市精神保健福祉団体連絡協議会(仙精連)内
TEL・FAX 022-224-9390
Eメール: senseiren2004@hotmail.com

パンフレットおよび申込用紙はこちらです。

 

カテゴリ:イベント情報 2012/10/30

イベント・研修情報

蕗のとう共同作業所 移転開所記念式典

去る9月17日(月)、村田町の蕗のとう共同作業所が、旧村田第三小学校校舎に移転した開所記念式典が行われました。

村田町町長、町議会議長にもご臨席いただき、行政を含めた地域のご支援のもと、開所の運びとなりました。式典では佐藤英雄村田町長から「厳しい冬の寒さに耐え、芽を吹く蕗のとうのように・・」と、施設の名称の由来などがご紹介されました。

はらから福祉会と共働事業を行う東都クリエート株式会社からも、池田聡総務部長にご出席いただき、今後の蕗のとう共同作業所で行うリサイクル事業についての説明がありました。

蕗のとう共同作業所では、リサイクル部門を「輝再舘(きさいかん)」と命名し、古着のリサイクル事業を本格的に展開していく予定です。古着を有用な資源と考え、海外(発展途上国)への輸出まで視野に入れた、スケールの大きな展開を目指していきます。

輝再館との協働

式典後は、地元有志のバンド「レオ+α」のみなさん、村田高校吹奏楽部のみなさんによる記念演奏会が催され、式典を盛り上げていただきました。

関係各位のご協力を得て立ち上がった新生「蕗のとう共同作業所」を今後ともご支援いただきますようよろしくお願いいたします。

P1000357.JPG 旧村田第三小学校校舎に移転した「蕗のとう共同作業所」です。 P1000356.JPG 入口を入るとはらから製品がお出迎え。古着売り場は2階になります。お会計は1階になります。

 

P1000352.JPG 小学校の教室を利用した古着リサイクル品の展示スペース。基本1着100~300円です。安い! P1000353.JPG 男女別、季節別、サイズ別に分類されていますので、目的のものが探しやすくなっています。

 

P1000332.JPG 移転開所記念式典のようす。多くの地域の方々、関係各位にご出席いただきました。 P1000371.JPG 記念コンサートも開催されました。

 

P1000360.JPG レオ+αのみなさんによるバンド演奏。サザンの曲が盛り上がりましたね。 P1000378.JPG 村田高校吹奏楽部のみなさによる演奏。懐かしの時代劇や日本の唱歌など、いろいろな曲を聞かせていただきました。

 

P1000345.JPG

えいむ亘理のスタッフが、焼きそば販売の応援に駆け付けてくれました。(^^)

   

 

カテゴリ:イベント情報 2012/09/22

イベント・研修情報

蕗のとう共同作業所 移転開所式典のご案内

旧村田第三小学校跡に移転しました蕗のとう共同作業所の移転開所記念式典と

記念コンサートが以下のとおり行われます。みなさんのご来所をお待ちしております。

と き 平成24年9月17日(月) 敬老の日  午前10時~ 開所記念式典  11時~ 記念コンサート

ところ 蕗のとう共同作業所  村田町字南乙内22

ご案内 (こちらをご覧ください。)

古着販売、はらから焼きそば販売もあります。

お問合せは蕗のとう共同作業所 電話 0224‐83‐5743まで

カテゴリ:イベント情報 2012/09/08

イベント・研修情報

だいやまサウンドフェスティバルのご案内

KBC Presents

   DAIYAMA SOUND FESTIVAL 2012   

台山公園を使用して、角田市民と周辺地域住民がいっしょにイベントをつうじ交流を深め、角田市がより活気のある元気な街になることをめざして開催します。はらから福祉会えいむ亘理も出店しています。ぜひおいでください。

パンフレットはこちら

○日 時/平成24年9月2日(日)午前10時~午後3時30分= 小雨決行=

○会 場/角田市台山公園

     阿武隈急行線角田駅から会場までの無料シャトルバス運行

○主 催/角田バンドクラブ

○内 容

  • 角田バンドクラブ、その他アマチュア団体によるステージ発表、
  • 飲食屋台、フリーマーケット等の出店、
  • 遊び、体験、PRブース等の設置

○入場料/入場無料

 ※震災復興チャリティー券(100円)のご協力をお願いします。募金は山元町に

復興資金として贈ります。

 ○問い合わせ/サウンドパークオジマ ℡ 080-1800-6265(半澤)

カテゴリ:イベント情報 2012/08/18

イベント・研修情報

第10回 はらから祭り 「広げよう復興の輪」 (報告)

  第10回 はらから祭りを終えて   

 去る8月5日、七ヶ浜町「みお七ヶ浜」を会場にはらから祭りが行われました。当日は天気にも恵まれ、300名を超えるみなさんに、会場に足をお運びいただきました。

 今年のはらから祭りは「広げよう復興の輪」というテーマのもと、被災地でもある七ヶ浜町が会場に選ばれました。かき氷や焼き鳥など模擬店の販売益の一部は、七ヶ浜町社会福祉協議会に寄付するなど、少しでもお役に立てればという想いでした。

 はらから各施設に通う利用者のみなさんの企画による「はらから復興セット販売」では、各施設が特色を生かし工夫した1セット1000円のパックを57セット準備し販売しました。こちらの方も売り上げの収益ははすべてはらから会を通して七ヶ浜社会福祉協議会に寄付されることになっています。会場内では利用者のみなさんが、復興セットの販売アピールを汗だくで行っていました。

  地元七ヶ浜町からは松小太鼓を継承する有志のみなさん「はまかぜ」による迫力のある太鼓演奏。七ヶ浜翔舞連さんによるよさこいやソーランの演舞などが披露されました。暑いなか、本当にありがとうございました。

 そして今年も遠く東京から「合唱団しじゅうから」のみなさんと「はらから東京の会」のみなさんが復興支援ということで駆けつけてくださいました。会場のみなさんと合唱するコーナーなどを含め、約1時間、みお七ヶ浜に歌声が響きわたりました。

 その他にも、はらからダンベル体操教室のみなさんによるレクダンス。多賀城コスモスホールの方々もバルーンアートなどで会場に花を添えてくださいました。緑が丘病院さんによるリサイクルバザーやお馴染み仙台の喫茶ひこさんの本格コーヒーショップ、仙台ローズガーデンさんによる生花の販売など、はらからが多くの方々に支えられていることを実感しました。

 準備ならびに当日、ご協力いただいた利用者、ボランティア、職員のみなさん。本当にお疲れさまでした。

 

P1000161 P1000114
会場の「みお七ヶ浜」天気にも恵まれました。 利用者のみなさんの企画による「はらから復興セット」が販売されました。収益金は七ヶ浜社会福祉協議会へ寄付されます。

 

P1000118 P1000178
地元の松小太鼓を伝承する「はまかぜ」のみなさんによる迫力の和太鼓演奏。 「七ヶ浜翔舞連」のみなさんによる、華麗で力強い「よさこい」

 

P1000110 P1000109
会場にははらから全施設の製品が勢ぞろい! 蔵王すずしろからはポン菓子も提供。暑いなかお疲れ様でした。

 

P1000190 P1000212
東京から復興支援のためにはるばる来てくださった「合唱団しじゅうから」と「はらから東京の会」のみなさん。 利用者のみなさんも元気いっぱい、合唱に参加しました。

 

P1000143 P1000145
みお七ヶ浜内の「とうふ屋らーめん」は大盛況でした。 仙台の「喫茶ひこ」さんの本格コーヒー店。毎年のご参加ありがとうございます。

 

P1000125 P1000148
はらからダンベル体操教室のみなさんも、日ごろの練習の成果を生かし、楽しいレクダンスを披露してくれました。 仙台ローズガーデンのみなさんが応援販売に駆けつけてくれました。

 

P1000216 P1000218
「合唱団しじゅうから」「はらから東京の会」のみなさんと一緒に大合唱。「はらから豆腐の歌」最高でした。(^^) 恒例のはらから大抽選会。各施設の工夫を凝らした景品が好評でした。

 

カテゴリ:イベント情報 2012/08/07

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18  次へ 

はらからとは?