文字サイズ

ホーム > はらからとは? > イベント・研修情報

イベント・研修情報

新年あけましておめでとうございます

 はらからの原点に立ち返ろう

武田理事長 写真

 

 

 

はらから福祉会 理事長 

武田 元


 明けましておめでとうございます。平成27年の幕開けです。


 昭和58年、無認可の「はらから共同作業所」を開所してから33年、法人認可後初めての認可事業所「蔵王すずしろ」が開所してから18年が過ぎようとしています。今までの30年を振り返り、これからの30年をどう進むのか、整理する時期が来ているようです。


 この30年ひたすら求め続けてきたのは働くことです。例えどんなに障害が重くとも働くことは人間にとって最も基本的な営みであり、働くことを抜きにして生き生きした人生は送れないという考え方から、仕事の量と質及び賃金(工賃)の保障を事業運営の目標に掲げてきました。「目指すは月額工賃7万円」をスローガンに全力で取り組んできました。そのゴールは果てしなく遠い、未だにそう思います。しかし、見えてきました。おぼろげながら見えてきました。


 おぼろげながらということは、まだ解決できていない問題があるということです。二つあります。一つ目は事業の確立です。昨年末、はらから福祉会の利用者は約300名です。8事業所に分かれて仕事をしています。法人が目指す目標への見通しがついたところからまだのところまでそれぞれの事業所の到達点はバラバラです。しかしこの30年間の取り組みから事業の展開と利用者支援との関係で分かったことがあります。全事業所に共通することです。それはその事業が具体的な仕事の量と質をどの程度準備できるのか、そして賃金(工賃)はいくら支払うことができるのか、そのことが利用者支援と密接に関連しているということです。


 端的に言えば、やるべき仕事があって、その仕事や完成品に魅力があり、それに賃金(工賃)が保障されればほとんどの人は仕事に集中するということです。このことははらからの歩みでいえば、多分こうだろう(仮説)と考えながら取り組んできたことが実践的に証明されました。要はいかにして賃金(工賃)7万円を全利用者に支給できる仕事の量と質を準備できるかです。問われているのはこのことです。そしてこれに応える道が、はらからがたどってきた今までの道の延長線上にあるのかどうかです。ここの検討が必要です。


 残すものは何なのか、捨てるものは何なのか。時代の流れは間違いなく私たちに大きな影響を及ぼします。直近のことで言えば消費税の税率アップも円高も深刻な事態を招きました。利用者職員併せて約400人の集団になったはらから福祉会は最早前年度踏襲の繰り返しでは対応できなくなってきています。10年先、20年先を見据えた事業はどうあるべきか緊急課題です。


 二つ目は重度の利用者さんへの対応の不十分さです。はらから福祉会の利用者支援の方針は明確です。例えば仕事をするとき利用者は、人間はと置き換えてもいいのですが、次の3点を願っているというのが基本的な考え方です。



 ① みんなやりがいのある仕事をしたいと思っている。
      やりがいのある仕事は、人の役に立つと言い換えることもできます。


 ② みんな認めてもらいたいと思っている。
      承認は存在証明です。なくてはならない存在です。


 ③ 仕事をして報酬をもらい、自立した暮らしがしたいと思っている。



 自立した暮らしとは自分らしい暮らしです。自分でできないことは援助してもらいます。すべてを自分できるようになることではありません。


 くどいようですが、例えどんなに障害が重かったとしてもです。しかし、この考え方に確信を持ちながら、未だ実行できないでいるのが現実です。障害と働くことの関係に関する研究が必要です。障害が重い人への仕事の量と質そして賃金の保障を可能にするための方法はどうあるべきか、この道筋がはっきりしたときゴールは見えたと言えるのだと思います。


 さらに新たな課題も見えてきました。それは暮らしの部分です。親が高齢になったり亡くなった後の暮らしをどうするのか、だんだん現実的になってきました。はらから福祉会には8ケ所のグループホームがあり、現在39名の方が生活しています。1か所5名ずつの入居、世話人一人ずつの配置、身辺処理の自立が入居条件、等々がこれからの30年を考えたとき果たして適切なのか検討が必要です。


 今、私たちは「はらから」の原点に立ち返りあらたなスタートを切るべき時に来たようです。私たちはどこへ行くべきなのか。この答えを出したいと思います。


 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

カテゴリ:イベント情報 2015/01/01

イベント・研修情報

はらから福祉会 年末年始の事業所休業について

はらから福祉会の各福祉サービス事業所は

 平成26年12月28日(日)から
 平成27年1月5日(月)まで
 
お休みとなります。
 
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 

カテゴリ:未分類 2014/12/13

イベント・研修情報

はらから大忘年会 ご案内

 
恒例!はらから大忘年会
 
早いもので、今年も残すところあとわずかとなりました。恒例の大忘年会を左記のとおり行います。
会員、非会員を問わず、多くのみなさまのご参加をお待ちしております。
 

 

日 時 平成26年 12月20日(土)   午後6時~8時30分
 
場 所 サンシャイン青葉   (柴田町船岡中央2-5-35)
 
会 費 4200円
 
 
空くじなしの大抽選会!
 
とても美味しい1等賞の豪華景品!(^^)
 

 
お申込みは最寄の各施設、または,はらから会本部(電話・0224‐58‐3446)までお願いいたします。

カテゴリ:イベント情報 2014/12/06

イベント・研修情報

第7回 七ヶ浜とうふまつり ご案内

 
七ヶ浜とうふまつり 11月16日日曜日に開催
 
第7回七ヶ浜とうふまつりポスター
 
「地域に施設があることを」
 
とうふまつり実行委員 菅原洋介
 
 毎年秋に開催されている「七ヶ浜とうふまつり」も今年で7回目を迎えます。今年は11月16日の日曜日に、はらから福祉会みお七ヶ浜で開催します。第7回「七ヶ浜とうふまつり」に向けて、実行委員である所員のご家族の方や、みお七ヶ浜の一同が頑張って準備をしています。
 
 私も「七ヶ浜とうふまつり」の実行委員として1回目から参加しています。最初にした実行委員の仕事は、地元のテレビ局が放送する情報番組にイベントを紹介してもらえるようにメールを送った事を覚えております。それから回を重ねるごとにポスターやチラシを作成したり、あちらこちらにポスターを貼りに出掛けたり、子ども向けのゲームを準備したりと準備期間中は楽しい日々を過ごすことができています。ここ数年、とうふまつりの準備中によく考えることがあります。それは障がい者施設と地域との繋がりです。
 
 「多くの方に、はらから福祉会やみお七ヶ浜を知っていただきたい!」これがとうふまつりを始めるきっかけとなった私達みんなの願いです。私も七ヶ浜町で生活をしていて時折、「どこで働いていますか?」と尋ねられる時があります。私自身にも言語に障がいがあるために説明したくてもできない時もよくあります。こういうもどかしい気持ちを感じますと、みお七ヶ浜をもっと知って欲しいなとよく思うものです。だからこそ、とうふまつりの準備が始まるとより力が入るのかもしれません。
 
よく『福祉貢献』という言葉を耳にします。私は、「福祉貢献」=(イコール)「誰でも参加できるもの」になればと考えています。難しく考えずに大人であっても学生も子供も誰もが参加できるものであってほしいと願っているのです。例えば、近所で暮らす障がいを抱える方が、その地域の施設に通い、そこで作っているものを同じ地域の人が買うということによって、誰もが福祉貢献に参加できるのではないかと思うのです。子供であっても近所で見かける障がい者が毎日、地域にある施設で働いているということを知るだけで、きっと見方が大きく変わってくると私は思います。そのきっかけに「とうふまつり」がなってくれればと強く願っています。
 
 とうふまつりも回を重ねるごとに、さまざまな変化が生じてきました。七ヶ浜町は先の大震災で大きな被害を被り、今なお仮設住宅で生活している人がたくさんいます。しかし、そうした中で復興のお手伝いに来てくださったボランティアの方々が、とうふまつりのお手伝いに加わってくださったのがきっかけで、その後毎年、遠方の地からとうふまつりのために七ヶ浜に駆けつけてくれています。また、このとうふまつりは、実行委員の中心であるみお七ヶ浜の所員の家族、特にお母さんたちのたくさんの協力があって毎年開催できています。数ヶ月も前から開催の準備をして、当日の様々な仕事を担い、惜しみなく協力してくださっています。このような大きな力、そして結束によって「七ヶ浜とうふまつり」が作り上げられています。
 
 今年は11月16日の日曜日に第7回「七ヶ浜とうふまつり」を開催します。今年も多くの人に、とうふまつりに足を運んでいただきたいのが実行委員一同の願いです。そしてとうふまつりに来ていただいたお客さんが、また普段の日に足を運んでもらえるようになることが次の願いです。今年も多くの方に来て良かった、そしてまた来てみようと思える「七ヶ浜とうふまつり」になるように、実行委員の一人として頑張ります!!
 
 

カテゴリ:イベント情報 2014/11/01

イベント・研修情報

みんなでつくる「ふれあいビアガーデン」 ご来場ありがとうございました。

 去る9月21日(日)ふきのとう村田を会場に「ふれあいビアガーデン」が開催されました。200名を超える方々にご来場いただき、ありがとうございました。
 今回の催しは、昨年から事業の一環としてふきのとう村田にご協力いただいていた宮城大学伊藤真市研究室の13名の学生さんたちが、ふきのとう村田の移転2周年の記念に一緒に企画していただいたものです。「つながる」をテーマに町の福祉施設が地域とつながるための試みとして、いろいろなアイディアが詰まっていました。
 
 地域のみなさんと一緒に活動するイベントとして「光のトンネル」「ランプシェード」などの制作が行われました。「光のトンネル」は、膨らませたビニール袋をアーチ状につなぎ合わせ、袋の中に入れた電球を点灯させるというものです。当日、明るいうちから宮城大学の学生さんやボランティアスタッフ、地域のみなさんと準備をすすめ、午後5時に点灯。薄暗い夕闇の中で、トンネルを中心に、会場は幻想的な雰囲気に包まれました。
 
P9210106.JPG P9210123.JPG
「光のトンネル」の準備には、地域のみなさんにもお手伝いいただきました。 完成した「光のトンネル」点灯を待つばかり。
 
 佐藤英雄村田町長にもご来場いただき、ふきのとう村田の歴史をお聞かせいただきました。その後、全盲のクラリネット奏者、井上順勝氏と柴田順子さんのピアノによるオープニングセレモニーが会場をさらに盛り上げてくださいました。
 
 日も暮れて、いよいよ、お待ちかねのビアガーデンではビールの肴に焼きホタテ、もつ鍋、あら汁などの旨い料理をみなさん、たっぷりいただきました。日頃近くにいても膝をつきあわせて話す機会がなかなかない中、本当に楽しい時間となりました。「つながる」のテーマをここに感じられた気がしました。
 
P9210124.JPG P9210132.JPG
地域のみなさんと一杯!これぞビアガーデンの楽しみ。 実行委員会のみなさん。ご苦労様でした。
 
 今回は企画していく中、宮城大学の学生さんを中心とした実行委員会でイメージしていたよりも、どんどん内容がふくらんでいったことに、携わったメンバーも驚いていました。つながる人たちの多さ、テレビの取材、光のトンネルの参加者等々、予想以上の広がりに、大変だったけどやりがいもありました。
 
 ご来場ならびに、ご協力いただいたみなさまに心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
 

カテゴリ:イベント情報 2014/10/11

前へ  7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24  次へ 

はらからとは?