文字サイズ

ホーム > はらからとは? > イベント・研修情報

イベント・研修情報

きょうされん宮城 市民公開セミナー(報告)

真の制度改革実現を目指して

今回のきょうされん宮城市民公開セミナーにおいて、加盟のCILたすけっと杉山氏より感想をいただきました。


市民公開セミナーに参加して

CILたすけっと 副代表 杉山裕信 

 去る1月20日に、きょうされん宮城支部が主催した、市民公開セミナーに参加しました。
昨年末に衆議院選挙があり政権が交代する中で、今後障害者福祉はどうなっていくのだろうと皆が不安に思っている中で、タイムリーな企画でした。藤井克徳さんを迎えて、前政権で行われた一連の障害者福祉制度改革の流れや基本文書や骨格提言や部会意見の重要性について、とても分かり易く話して頂きました。例え現政権が制度改革に積極的じゃなくとも、これらの文書は公式文書として残るわけだから、この文書に書いていることに近づける努力を国としてはやらなければならないはずなので、諦めることはないという言葉に大変力づけられました。
 これまでの、骨格提言や部会意見は障害者基本法、障害者総合支援法、障害者差別禁止法に対する具体的な提案です。これでは、障がい者福祉は施しでしかなく、障がい者の暮らしは一向に良くなりません。
 2006年に国連で障がい者権利条約が採択され、日本でも署名に続き批准がなされようとしています。この条約は一言で言うならば、「障がい者に対する見方を、福祉施策の客体から権利の主体者に変える」ということです。この条約の批准を前提に考えるならば、障がい者の法律は全て条約に見合うものにしなければならないというのが、障がい者制度改革推進会議の考え方でした。
 しかも、この3つの法律をつくってから、障がい者権利条約を批准しようとしていますので、3つの法律をしっかりしたものにするためにも、その大元になる障がい者基本法に「障がい者は権利の主体者である」ということがしっかり書きこまれたことは大きなことでした。
 しかし、この後、障害者自立支援法が、ほとんど内容の変わらない障害者総合支援法になったり、障害者差別禁止法は政府案が出てくるかさえ分からない状況になりました。
 これからの展開によっては、あらゆる局面でいわゆる「骨抜き工作」が行われる可能性があります。私たちの望まぬ法律ができるのは許せません。私たちの考え・思いを理解頂き、私たち障がい者のため、いやもう一歩進めて考えれば健常者を含めた日本国民のために「骨抜き」を許さない活動をしていくことが重要だと思いました。
 これからの障がい者運動のポイントは、障がい者制度改革推進会議が法律づくりにも、どれだけかかわれるかということで、「何をつくるかではなく、誰がつくるか」という所となってくる、という藤井さんの発言は大事なことだと思いました。

CIMG0735.jpeg

↑ 市民セミナーで講演するきょうされん藤井常務理事


今回ご報告いただいたCILたすけっとのブログはこちらです。

カテゴリ:研修情報 2013/01/31

イベント・研修情報

きょうされん宮城公開セミナーのご案内

真の制度改革実現を目指して

「総合支援法」で私たちはどうなるの?

自立支援法に変わり障害者の方々の生活に大きな影響を与えるであろう「総合支援法」ですが、障害のある当事者もその支援者も「なにが問題で」「なにをどうしていけばよいか」がわからずにいます。

前政権下で議論・検討されていた「総合支援法」の骨子は、当事者の意見が十分反映されないまま成立してしまうかもしれません。

今回は障害者の制度改革に力を注いでこられた、きょうされん常務理事の藤井克徳氏を講師に、「総合支援法」について学び、ともに考えたいと思います。

多くのみなさまのご参加をお待ちしております。 ご案内はこちらです。(PDF)


きょうされん宮城公開セミナー

 平成25年1月20日(日) 13:30~16:00

 仙台市シルバーセンター 第一研修室

 講師 藤井 克徳 氏 (きょうされん常務理事)

※資料代 700円 ※うち200円は、きょうされん宮城支部震災被災事業所への再建支援募金とさせていただきます。


 

 

カテゴリ:研修情報 2013/01/12

イベント・研修情報

第27回 はらから公開講座(報告)

 コロロメソッドにおける自閉症の見方  ~ 実践を通して ~ (報告)

  去る11月11日(日)柴田町船岡のホテル原田inさくらで、第27回はらから公開講座が行われました。今回は東京から社会福祉法人コロロ学舎「瑞学園」の統括施設長である久保田小枝子氏と支援課課長の羽田雅幸氏に遠く宮城の地までお越しいただきました。当日は、はらから会員や地域の方、支援学校の先生や保護者の方、はらからの施設職員のみなさんなど約100名が参加しました。

 コロロ学舎さんとのご縁は、8月にはらから役員が社会福祉法人コロロ学舎さんの「瑞学園」を見学させていただいたことがきっかけでした。「瑞学園」は重度の行動障害の方たちが暮らす施設ですが、そこの利用者のみなさんはとても重度の行動障害の施設にいる方々とは思えないほど、静かに、集団で、目的のある行動を行われていました。自閉症などの行動障害の原因を大脳生理学の視点から分析し、行動を改善する理論と実践を30年間にわたり積み重ねてこられたコロロ学舎さんにただただ驚くばかりでした。

 コロロ学舎さんがもつこれらの実践「コロロメソッド」の考え方と具体的な指導例の一端を、今回の公開講座ではお話いただきました。

 コロロメソッドの一番の特徴は、行動の分析をする際に脳の階層構造機能に基づき分析することです。そうすることで迷わず行動の分析ができるといいます。また、分析して対応する際に徹底して集団を使うということです。

自閉症の方は全国どの施設でも問題行動があります。そしてそれらの対応は十分できているとはいえません。なぜこのような状況はどうして生まれるのでしょうか。それは、自閉症を「ストレス」「信頼関係」「自発性」といった心の問題として捉えるからわからなくなってしまうのです。

DSC00284.JPG

 

 

 

コロロ学舎「瑞学園」の久保田小枝子氏(左)と羽田雅幸氏(右)

 


  (以下、久保田先生のお話からの抜粋です。)

脳の階層化構造

 人間の脳は大きく分けて大脳新皮質、大脳辺縁系、脳幹の3つに分類されます。大脳辺縁系や脳幹は動物の脳と同じ部分です。人間らしい行動は大脳新皮質で情報を統合することでなされます。なので大脳新皮質が動いていないと行動も動物的なものになってしまいます。

自閉症の方の脳は、どこかが欠損しているとかという問題はありません。脳のハードウェアとしての機能にはなんら問題はありません。ソフトウェアの部分に問題があります。例えば「言葉」を例にとった場合、脳内に言葉のソフトウェアがある人、ない人。あってもそれらが統合して機能しない人などいろいろです。原因は自閉症の方は、頻繁に大脳新皮質への情報がブロックされてしまうことです。「わかっているのにいけないことをしてしまう。」「集中力が続かない。」などは大脳新皮質の意識レベルが落ちて、辺縁系や脳幹にレベルで活動してしまうからなのです。

自閉症の方が仕事ができなかったり、集中力が続かずふらふらしてしまうのは、仕事に対する好き嫌いや、個性の問題ではなく、脳の活動レベルの問題なのです。

DSC00112.JPG

 

 

 

一般の人と自閉症の方の、脳の意識レベルの違い

 

こだわりとパニック

 自閉症の場合、「こだわり」の対応をしておけばそんなにひどいことにはなりません。もう一つは「反射」です。これを抑えるようにしておけば同じくひどいことにはなりません。パニックは「こだわりを崩されたとき」「反射に対して間違った対応をしたとき」に起こります。

反射の例として

先生が自閉症の子を連れだそうと手を握る。

先生の手を振り払い行かない。

再び手を握り連れだそうとする。

自閉症の子は頑強に抵抗する。

 これら自閉症の子によく見かける一連の行動は「反射」によるものなのです。この子は外も好きでお出かけもしたいと思っている。でも触られる時のタイミングと触られ方で接触反射(反発反射)を起こして先生の手から自分の手を引いてしまうという行動になるのです。この場合、手の甲の方をいきなり触れると反射から手を引いてしまいます。この状態を繰り返すと反発が強くなり座り込むなど抵抗が激しくなります。座り込んだ状態で手を引っ張ると、さらに反射に対して逆方向の力が加わるためにさらにひどくなります。(反射により、引っ張れた力と同じ力だけ反対側に引き戻そうとする。)

この場合、先生は反射を起こしにくい自閉症の子の手のひらの方に手を添え、反発を起こさない方向(この場合歩かせたい前方)に誘導することで「反射」を起こさずスムーズに連れ出すことができます。

DSC00055.JPG

 

 

久保田氏と羽田氏で実演を交えながらわかりやすくご説明いただきました。

 

 この他にぴょんぴょん飛び跳ねるような行動も足のつま先の反射によるものです。この場合は反射を抑制する対応をしなくてはなりません。「この子は元気だから。」とか「なにかしたいのね。」「飛び跳ねるのが好きなのね。」といって放置すると反射による異常な行動を克服できません。この場合、床に引いた線の上を歩かせるなどすることでかかとをつけて歩くことができるようになったりします。

 これは自分の目を使って線をはずれないように歩こうとすることで、先の脳の階層化構造でふれたように、大脳新皮質による活動がおこなわれるため反射が抑制されるのです。目を使い、頭を使うことが自閉症の適応行動を導く上で大切なことなのです。

 常同行動

  自閉症の方の特徴的な行動として「体のゆれ」「両手をひらひらさせる」「空(から)にらみ」などは、脳の階層化構造からみると脳幹の部分で活動している時に現象です。大脳新皮質を使った動きではなにので、この時は適応行動がとれません。さらにこの状態の時に不用意な働きかけをすると強い防衛反射が起きてパニックなどの問題行動に結びつきます。

 (略)


 

 久保田先生のお話はすべて理論と実践に基づいたものでした。実践していないものは一つもなく、大きな説得力がありました。

 私たち関係者が自閉症の方の対応をする際、その方法がわからず、そのまま放置してしまうケースがよくあります。ともすれば問題行動自体を「これがこの子の性格だから。」と言って済ませてしまうこともあります。

 しかし、脳の階層構造と反射で分析する視点を持てば、対応することができ、問題行動を抑制できるということがわかりました。周囲で支援をする私たちが問題行動の原因となる可能性があることも学びました。。

  参加いただいた方々からも、自閉症を脳の階層構造から分析するコロロメソッドに、考え方を改めさせられたとの感想が多く寄せられていました。

 アンケートのまとめはこちら

 遠路、東北宮城まで足をお運びいただき、貴重な講演をいただいた久保田氏、羽田氏に心より感謝申し上げます。そしてまた、近いうちに今回のお話の続きを、ぜひお聞かせ願いたいと心より思っています。

(事務局)

カテゴリ:研修情報 2012/12/01

イベント・研修情報

第27回 はらから公開講座 (ご案内)

   コロロメソッドにおける自閉症の見方   ~ 実践を通して ~

はらからの各施設では自閉症などの認知障害の方々が毎日、一定時間働くことが目標であり大きな課題でもあります。
そのことから、今回、先進的な自閉症療育を実践されているコロロ学舎さんをお招きしての公開講座です。

コロロ学舎さんでは、自閉症の様々な行動特徴の原因を脳の階層構造から分析することで、対応法が見えてくるといいます。スムーズなコミュニケーションのとり方等についてのポイントなどを、実践例をもとに具体的にお話いただきます。

ご案内はこちら  (参考:社会福祉法人コロロ学舎:http://www.kololo.net/ )

参加費無料


と き:平成24年 11月11日(日) 午前10:00~12:00

ところ:ホテル原田inさくら  JR東北本線 船岡駅前(徒歩1分)

講 師:

社会福祉法人コロロ学舎 瑞学園 統括施設長
久保田 小枝子(くぼた さえこ)氏

社会福祉法人コロロ学舎 瑞学園 支援課 課長
羽田 雅幸(はねだ まさゆき)氏


お申込み・お問合せ先

最寄のはらから各施設または、お電話・FAXにてお申込みください。
はらから会事務局(担当:加藤)
電話:0224-58-3446
Fax :0224-54-4112

※ホテル原田の駐車場に限りがありますので、乗り合わせまたは公共交通機関でお越しください。

図1

 

カテゴリ:研修情報 2012/10/08

イベント・研修情報

はらから福祉会 職員研修 (報告)

  障害者雇用の現状と課題(知的障害者の雇用を進めるために) 

ハローワーク大河原所長 氏川弘幸 氏をお迎えして

 去る9月8日、はらから福祉会職員研修の一環として、ハローワーク大河原所長、氏川弘幸氏をお迎えして、知的障害者の就労に関する研修会が行われました。

氏川所長の経歴について

 講師にお迎えした氏川所長は、昭和31年旧栗原郡高清水町に生まれました。物心ついた頃から、地域に知的障害者の友人がいて、自分の中では障害者とつきあうことになんの不思議も抵抗もなかったそうです。しかし、当時は障害者に対する周囲の理解は今ほどではなく、身内の母親からも「あの子と付き合うな。」と言われました。そのことに納得いかない氏川所長は、それでもその友人との関係を断つことがありませんでした。そのうち、母親も友人を自宅に入れ、おやつを振る舞うなど違和感なく接するように変わっていったそうです。


 労働省入省後は気仙沼、志津川、仙台、大河原、大和、塩釜などの公共職業安定所で勤務されました。お仕事の中でも幼少の頃の体験から、障害者の雇用問題はいつも頭の中にあり、一般企業への障害者雇用を推進されてきました。大河原での勤務時に養護学校(支援学校)の先生と共に企業開拓を行ったことは苦労もあったが忘れられない経験だったといいます。当時、障害者雇用を始めていただいた仙南のいくつかの企業では、十数年の時を経て、毎年障害者雇用の計画を立て、社内でも障害者がより働きやすい環境づくりに社をあげて取り組んでもらうまでに意識が高まってきたそうです。氏川所長の働きは、仙南地域の障害者雇用(開拓)の先駆的なものと言えます。


 その後、青森県三沢市の方に異動され、ここでも地域の行政を巻き込んだ障害者の就労ネットワークづくりに尽力されました。行政職員がもっともっと本気で取り組めば地域は変わると感じたそうです。

仙南地域の障害者雇用の現状について

 現在、大河原ハローワーク管轄地域(仙南2市7町)の有効求人倍率は0.60と数字上は県内最低です。障害者の就労はさらに厳しい状況です。ですが、関係各位の取り組みにより、数字には表れない成果も上がっています。例えば東京に本社があり、宮城に工場がある会社では、雇用した障害者のカウントは本社のある東京でカウントされます。しかし、実際何十名もの障害者が働く場は宮城にあるのです。これは数字上はでてきませんが、実際働く場所は県内にあるのです。また、中小企業で雇用された障害者が、離職せず長く勤務しているのも特徴です。中小企業経営者のみなさんが、それだけ社内の障害者就労に心を砕いていただいている証だと思います。とはいえ、全体を見れば、一般企業の障害者雇用の意識は、まだまだ高くないと言われます。
 そして氏川所長は講話の最後にこう言われました。

「障害者就労を実のあるものにしていくには、まず身近にいる人の意識を変えてください。一人が一人の意識を変えることで、全体の意識が変わるのです。」

はらから福祉会では

 はらから福祉会では、蔵王すずしろ、びいんず夢楽多、くりえいと柴田、みお七ヶ浜、登米大地、はたまき手づくりの里、えいむ亘理で就労移行支援サービスを提供しています。就労移行支援サービスは、標準2年間の期限内で一般企業への就労を目指すものです。しかし、通勤手段の問題などで、よい求人があっても断念せざるを得ないこともあります。さらに一般企業への就労が進まないと、各事業所の定員がいっぱいになり、支援学校新規卒業者の受け入れが厳しくなってしまいます。

 就労移行支援サービスなどの障害福祉サービスも、一般企業にはまだまだ認知されていない状況です。企業側への情報発信も、積極的に行っていく必要があります。

 今回の研修では、すぐにでも行える実践のヒントをいただき、はらからでも就労移行支援サービスに、今以上に頑張って取り組んでいく必要があると職員一同強く感じた研修会でした。


 ご多忙の折、貴重なお話をいただきました氏川所長に心より感謝申し上げます。

カテゴリ:研修情報 2012/09/12

前へ  1 2 3  次へ 

はらからとは?