文字サイズ

ホーム > はらからとは? > イベント・研修情報

イベント・研修情報

はらから会 新会長 ごあいさつ

 

P1000877.JPG

 

 

 

 

 はらから会 会長

 一瀬 修三(いっせ しゅうぞう)

 
私は宮城県栗原郡鴬沢の細倉炭鉱の社宅で生まれました。父の転勤で上京し、大学卒業までは東京で暮らしていました。東京農業大学卒業後、日本獣医畜産大学に編入し卒業。その後、北海道に就職。管理獣医師として養豚場を中心に仕事をしていました。
 
昭和59年に宮城県経済農業組合連合会に勤務となり23年間勤務していました。
 
私の息子は生まれつき発達の遅れがあり、小、中学校は支援学級に在籍していました。平成5年に角田養護学校(現:角田支援学校)に入学。そのときに高等部教員をしていた、今のはらから福祉会の武田理事長と出会いました。
 
角田養護学校入学当初は日課のマラソンや修学旅行の富士登山などについていけるのかと心配でしたが、親の心配をよそにたくましく成長していく息子を嬉しく思いました。
 
ちょうどそのころに蔵王すずしろの立ち上げと重なり、卒業する息子の働く場として期待していました。武田理事長からのお誘いもあり、このころからはらからの活動に積極的に取り組むようになっていきました。
 
蔵王すずしろの立ち上げを機に、はらから福祉会では食品製造に力をいれはじめ、施設の数も増えていきました。そのとき、各施設の衛生管理について、服装、衛生環境、整理整頓、細菌検査など毎月各施設を巡回してチェックをするなどの衛生管理体制の構築の役割を担当させていただきました。知的障害のある利用者さんに衛生観念をもってもらうことが、当時もっとも悩んだところでした。
 
これらの仕事は現在、福祉会の品質管理部に引き継がれ、より高度で安全性の高い製造環境が確立されています。
 
現在は開業獣医師として大型動物(牛や馬、豚)の予防衛生管理などの仕事をしています
 
このたびは、はらから会役員会にてみなさんより会長にご推挙いただきました。前任の大沼会長が精力的にはらから会の運営に携わっていたので、私も見習って行きたいと思っています。
 
はらからの輪を広げるために、はらから会員さんの数を増やして行きたい。はじめての方でもはらからに入りやすく、特に若い人たちが参加し一緒に、活動できるような会にしていくことに心を砕いて行きたいと思います。
 
また、はらから会ははらから福祉会の支援を主としていますが、職員のみなさんと定期的な交流の場も含めて、しっかりとつながりを深めていきたいと思います。
 
研修活動では、はらから公開講座なども、他業種の方を多くお招きしたり、これまで福祉と関係のないと思われるところにもお声がけをし、はらからの考え方をより多く広げて行く研修も考えています。
 
これから3年間、会長の大役を任されますが、みなさんのご協力をいただきながら、会運営をすすめていきたいと思います。ご指導のほど、どうかよろしくお願いいたします。

カテゴリ:はらからのあゆみ 2015/05/16

イベント・研修情報

平成27年度 はらから会 総会(報告)

 
平成27年5月10日(日)はらから地域生活支援センターにおいて、本年度のはらから会総会が開催されました。
冒頭、大沼紘子会長から、今回の議事は役員改選も含み、はらからに新しい風を吹き込んでほしいと挨拶がありました。
 
P1000883.JPG
 
次にはらから福祉会、武田理事長よりはらからのスタートと今後の展望についてお話がありました。以下武田理事長のお話です。
(前略)
昭和50年代、宮城全域を見渡したとき、通所の重度障害者の働く場所はほぼ皆無でした。障害がある人は在宅しか道がなかった。昭和58年に最初の作業所「はらから共同作業所」が開設されました。このとき当時の船岡養護学校の卒業生、地域有志、教員でスタートしたのが無認可の支援団体はらから会でした。
蔵王すずしろの開設時に社会福祉法人はらから福祉会が誕生し、福祉会は施設運営を担い、はらから会は研修、広報、啓発など行うという役割分担がなされました。
「はらから」は、はらから福祉会とはらから会が一体です。なので支援団体のはらから会が発展していかないと、障害当事者が抱える深刻な問題を解決していくことはできません。本年度はより一層協力していきたいと思います。
 
(中略)
はらから福祉会では本年度、支援学区高等部卒業生を対象とした「はらからカレッジ(仮称)構想」の検討に入りました。支援学校高等部卒業生の選択肢が就職か福祉サービス利用かの選択だけでなく、進学という選択肢を増やすために障害者のための4年生学校をつくろうという取組みです。
 
(中略)
また、はらから福祉会の既存事業所についてもゴミ一つ落ちていない事業所づくりをめざし、現在「えいむ亘理」で認証登録を申請しているHACCP(食品衛生の管理手法)を他の事業所にも導入するように準備に入ります。また、製品の直売比率を向上するために、今以上に個人消費者との結びつきを強めていきたいと考えています。
(後略)
 
議事では別紙のとおり平成26年度の報告と、27年度の事業計画、予算が承認されました。また、役員改選が行われ、新たに一瀬修三氏が新会長に就任いたしました。役員の顔ぶれも大きくかわり、本年度は数々の研修事業にもさらに力を入れていくことが確認され総会は終了しました。
 

総会資料はこちらから(PDFファイル)

平成26年度 はらから会事業報告

平成26年度 はらから会決算報告

平成27年度 はらから会事業計画

平成27年度 はらから会予算


平成27年度 はらから会 役員

【会 長】一瀬修三
【副会長】増田 泰
【幹 事】跡部淳子 伊藤直美 高山裕喜 萩原恭子 岡田和子 佐藤昭 
     平野博幸 小野史晶 岩間信子 鈴木芳子 佐藤栄子 笹谷洋一 加藤ひろみ
     吉川英明 相原邦智 横山智彦 高橋哲  目黒久美 高橋栄子 土生里美   
     八巻勝重 佐藤伸也 水戸敬子 菅野真実 太田恵 高野真美 水沼義信 
     加藤直己 佐藤弘志 小山美香 
【監 事】大沼紘子 高橋正勝 
【事務局】加藤恵子
 

カテゴリ:イベント情報 2015/05/16

1 

はらからとは?