文字サイズ

ホーム > はらからとは? > イベント・研修情報

イベント・研修情報

ゆうパックで柴田発はらからふるさと便の取り扱いしています。

はらから商品の郵便局のゆうパックでの取り扱いが始まりました。

期間は平成26年6月2日から8月29日までです。

はらから自慢のレトルト食品や油麩丼、つみれ汁などのお得な詰め合わせセットを用意しております。

お近くの郵便局で簡単にお申込み、発送ができますので、お中元などにぜひご利用ください。

 

はらから ゆうパック お楽しみセットカタログ (表)

はらから ゆうパック お楽しみセットカタログ (裏)

カテゴリ:イベント情報 2014/06/21

イベント・研修情報

さんまの蒲焼きが改良されました。

 七ヶ浜町にある「みお七ヶ浜」が、開所当時の「豆腐づくり」から事業変更し、一年が経とうとしています。みお七ヶ浜が、利用者工賃の安定のために水産加工品を中心とした惣菜事業に切り替えたのは、平成25年の夏の初めのことでした。真空低温調理による惣菜づくりや水産加工品を製造し、販売しております。
 
 今回、みお七ヶ浜で製造している商品のひとつである、「さんまの蒲焼」をリニューアルすることになりました。はらから福祉会が、「さんまの蒲焼」を販売するようになって2年近くになります。これまでも多くの得意先に納品することができていましたが、一方でお客様から様々なご指摘をいただくこともあり、柱となる商品となることができませんでした。
 
 お客様からご指摘をいただいた中で、多かった点は油っぽいところ(旧商品は油で揚げていたタイプ)であり、本来の蒲焼の味が味わえないご意見が寄せられました。それで、次の改良点を新しい「さんまの蒲焼」に加えてみました。
 
●さんまを焼いてから味が染み込むよ うに、タレをまぶしながらじっくり 加熱する
 
●見た目を改善するために焼き目をつける
 
●さんまの骨をすべて抜かないことで、本来の魚の食感を引き出す
 
 こうした改良点を加えつつ、宮城県産の脂ののったさんまを使い、食品添加物も使用していない、おいしくて安全な商品となっております。
 
図6j 図2
パッケージ 盛り付けてみました。(水菜、紅ショウガ、海苔等は商品に含まれません)
 
 ぜひ、リニューアルした「さんまの蒲焼」をさらにおいしく召し上がっていただきたいと思います。それで、この「さんまの蒲焼」を実際に丼ぶりにしてみました。(写真をご覧ください)この丼ぶりの作り方として、適量の御飯に水菜を敷き詰めます。そして「さんまの蒲焼(3枚入り)」2枚を3等分に切り丼ぶりに載せます。そして最後に刻み海苔やゴマをトッピングして、紅生姜を添えることができます。蒲焼のタレ自体は、少し甘口となっていますので、辛い物が好きな方は七味をさらに加えてもいいでしょう。
 
 みお七ヶ浜の惣菜事業では、さんま以外にも、塩釜のマグロを使った「マグロカツ」や仙台発の「牛タンコロッケ」、お馴染みの味が染込んだ「とろたま」などもおすすめです。こうした商品もより安全でおいしい惣菜を目指し、日々製造に取り組んでいます。
 
 平成26年の土用の丑の日は、7月29日だそうです。待ちきれない方は、一足先に「さんまの蒲焼」を食べてみるのはいかがでしょうか。さんまを食べることの効能を調べてみますと、さんまにはアミノ酸がたくさん含まれているそうです。加えて、高血圧や動脈硬化の予防ともなるようです。ぜひ土用の丑の日の前後で、新しくなった「さんまの蒲焼」を食べて、今年の夏を乗り切りませんか。
 
商品は、はらから福祉会の本部や各施設でお求めになることができます。ぜひ一度ご賞味ください。
 

カテゴリ:未分類 2014/06/07

1 

はらからとは?