文字サイズ

ホーム > はらからとは? > イベント・研修情報

イベント・研修情報

えいむ亘理、牛タン加工事業スタート!

 

えいむ亘理、牛タン加工事業スタートです
 
― 仙台牛タンの(株)陣中と提携します ―
 
 6月27日、株式会社陣中(以下陣中と称します)と社会福祉法人はらから福祉会(以下はらから福祉会と称します)は、牛タン加工事業についての契約・調印式を行いました。この提携事業は、「障害者の雇用及び地位向上等の障害者福祉に資するため、陣中とはらから福祉会が協力をして、陣中の主たる牛タン製造・販売を共同して行うことを目的とする」(第1条)ものです。
 
 従って、えいむ亘理は陣中提携事業所になり、牛タン加工専門の事業所になります。
 仕事内容は、生の牛タンを仕入れ、次の作業工程を経て、商品にすることです。
 
 原料受入-洗浄-皮むき-漬け込み-熟成-スライス-計量・味付け-袋詰め-箱詰め
 
 主たる製造商品は次のものです。
 
商品名                                         規格           価格(税込)           保管          
1

牛タンまるごと一本

        

1㎏

    

6,000円

     

冷凍

  

牛タンまるごと一本 1kg_01
2

牛タンまるごと一本

  

500g

 

3,200円

 

冷凍

  

牛タンまるごと一本 500g _01
3

特選 上たんしお

  

500g

 

10,000円

 

冷凍 

 

特選・上たんしお 500g_01
4

タンシオ薄切り

  

300g

 

2,000円

 

冷凍

  

タンシオ薄切り 150g_01
5

タンシオ薄切り

  

150g

 

1,000円

 

冷凍

  

タンシオ薄切り 150g_01
 
 陣中はHACCP(ハサップ、食品の衛生管理システム)に基づく自主衛生管理をおこなっている会社であり、当然、えいむ亘理も同じ水準の衛生管理を行うことになります。牛タンの加工技術は勿論のこと衛生管理においてもレベルアップが求められます。そのためにえいむの職員は2か月にわたって、陣中の社員の皆様から研修を受けてきました。
 スタート当初は、陣中から6名のスタッフがえいむ亘理に派遣されます。えいむ亘理の利用者、職員のレベルが上がれば順次少なくなっていきます。
 
 何故、今回の提携が実現したか。陣中の福山良爾社長は、ホームページ上で次のようにごあいさつをされています。長くなりますが引用します。提携を考えるに至った私たちの願いが分かっていただけると思います。(以下引用)
 

 
絆への感謝
 
あの震災から一週間後、
弊社の向かいにある小学校が避難所となっており、
そこで炊き出しをしていた時のことでした。
遠くから横断幕を掲げて現れたのは、
なんと震災の混乱状態の中、
大阪から車で来てくれた取引業者・・・友でした。
その横断幕には取引会社社員の寄せ書きが
ギッシリと綴られ、中央には大きく
「心はひとつ、生き抜く」と、
太く力強い墨文字が友の手により筆してありました。
感動の一言!弊社に使命感が生まれた一瞬の時でした!
 
その一瞬で、自ら出来ること、
地域・社会に対して貢献出来ること、
それらを法人として考える
大きな転機になったことは言うまでもありません。
そこで先ずは「雇用の拡大」を掲げ、
震災後の就職・就業が困難な中、
被災した近隣住民を中心に雇用していきました。
外注していた商品を自社製造に転換することで
仕事を生み、雇用を拡大、
復興元年までには約40名の社員を
新たに雇用することができました。
小さな会社である弊社の規模を考えれば、
堂々と言える内容です。
 
更なる一歩として「大義ある会社を創る」を
今年に宣言いたしました。
障害者・高齢者の雇用をはじめ、
ハサップの取得、施設のバリアフリー化・新設など、
簡単に行かないことも含め、
様々な内容を盛り込み、5年間で必ず構築いたします。
すでに仙台ハサップを3月28日付けで
取得することができました。
 
震災の1週間後から提供を始めた
「復興牛タン弁当」は、
震災を忘れてはいけないという気持ちから、
価格も当初から変えず
500円の原価販売で今も続けております。
震災後、絆の中でしっかりとした仲間から、
無償の協力・支援をいただいております。
自身としてそれに応えるべき復興と発展を胸に刻み、
これからも進んで参ります。
社会貢献を翳して仕事をすることが
自身の成長と会社の発展に必ず繋がると
確信しております。
 
ここに被災地の企業として震災後の絆、
無償の志、発展をお客さまにご報告いたします。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、
よろしくお願い申しあげます。 
 

 

  <牛タン製品のご注文・お問い合わせは>  

 えいむ亘理      
 〒989-2331 ☎0223-33-1911 Fax0223-33-1912
 宮城県亘理郡亘理町吉田字宮前13-1
Email:eim@harakara.jp (所長 小石沢邦彦)
 
  法人本部営業部  
  〒989-1601 ☎0224-58-3443 Fax0224-54-4112
 宮城県柴田郡柴田町船岡中央1-2-23
 Email:satou‐a@harakara.jp (部長 佐藤 昭)

 

 

カテゴリ:未分類 2013/07/06

イベント・研修情報

第11回 はらから祭りのご案内

 
第11回 はらから祭り (ご案内)
 
テーマ 「再・輝・みらい」
 
使われなくなったものに、再び命を吹き込み輝かせるリサイクル。
廃校となった学校を。着なくなった古着を。地域のゴミを。
今年のはらから祭りは「ふきのとう村田」を会場にリサイクルをテーマに行います。
 
「ふきのとう村田」は2012年9月に旧村田第三小学校の校舎に移転しました。リサイクル事業を中心に、多くの障害者のみなさまに就労の機会を提供しております。
 今回のお祭りを期に、「ふきのとう村田」が地域のみなさまとの絆をさらに深められればと思っています。多くのみなさまのご来場を心よりお待ちしております。
 
  実行委員長
  はらから会副会長 一瀬 修三
 

日 時:平成25年 7月28日(日) 10:00~15:00

会 場:ふきのとう村田
 
  宮城県柴田郡村田町字南乙内22
  ℡ 0224-83-5743
 
 

 

・リサイクル衣類  約10000点の展示販売 !

  ・限定OPEN! 懐かしの「給食カフェ」で子ども時代に・・・

    ・ふくしのチカラ。はらから全施設からの総力出店!
 
      ・地元のみなさんのご協力による元気なステージ!
 
        ・豪華旅行ギフト券が当たる大抽選会!ほかにも景品多数。
 

  プログラム  

 
10:00  開会セレモニー
10:15  各コーナー紹介
10:30  はらからダンベル体操教室
11:00  レインボーコーラス
11:30  仙台大学ブレイキン同好会 
12:00  給食カフェ OPEN!
13:00  和太鼓演奏「幻想」
13:30  村田高等学校吹奏楽部ブラスバンド演奏
14:30  お楽しみ大抽選会! ※抽選会終了後閉会セレモニー
15:00  終 了

※駐車場は約100台駐車可能です。

  販売・模擬店  

【 模 擬 店 】
 焼きそば、焼き鳥、かき氷、牛タンバーガー、揚げたてカレーパン、冷たいジュース、
 冷たいお茶、混ぜ込みいなり寿司、厚揚げの田楽、はさみ揚げ、きゅうりの一本漬け、
 ホットケーキ、マグロのから揚げ、マグロメンチ
 
【はらから各施設の製品】
 手づくり豆腐、油揚げ、厚揚げ、かりんとう、レトルト製品各種、おからパン など
 ※内容については一部変更になることがあります。
 

第11回 はらから祭り ポスターはこちら

第11回 はらから祭り パンフレットはこちら

 

カテゴリ:イベント情報 2013/07/06

1 

はらからとは?