文字サイズ

ホーム > はらからとは? > イベント・研修情報

イベント・研修情報

きょうされん宮城 市民公開セミナー(報告)

真の制度改革実現を目指して

今回のきょうされん宮城市民公開セミナーにおいて、加盟のCILたすけっと杉山氏より感想をいただきました。


市民公開セミナーに参加して

CILたすけっと 副代表 杉山裕信 

 去る1月20日に、きょうされん宮城支部が主催した、市民公開セミナーに参加しました。
昨年末に衆議院選挙があり政権が交代する中で、今後障害者福祉はどうなっていくのだろうと皆が不安に思っている中で、タイムリーな企画でした。藤井克徳さんを迎えて、前政権で行われた一連の障害者福祉制度改革の流れや基本文書や骨格提言や部会意見の重要性について、とても分かり易く話して頂きました。例え現政権が制度改革に積極的じゃなくとも、これらの文書は公式文書として残るわけだから、この文書に書いていることに近づける努力を国としてはやらなければならないはずなので、諦めることはないという言葉に大変力づけられました。
 これまでの、骨格提言や部会意見は障害者基本法、障害者総合支援法、障害者差別禁止法に対する具体的な提案です。これでは、障がい者福祉は施しでしかなく、障がい者の暮らしは一向に良くなりません。
 2006年に国連で障がい者権利条約が採択され、日本でも署名に続き批准がなされようとしています。この条約は一言で言うならば、「障がい者に対する見方を、福祉施策の客体から権利の主体者に変える」ということです。この条約の批准を前提に考えるならば、障がい者の法律は全て条約に見合うものにしなければならないというのが、障がい者制度改革推進会議の考え方でした。
 しかも、この3つの法律をつくってから、障がい者権利条約を批准しようとしていますので、3つの法律をしっかりしたものにするためにも、その大元になる障がい者基本法に「障がい者は権利の主体者である」ということがしっかり書きこまれたことは大きなことでした。
 しかし、この後、障害者自立支援法が、ほとんど内容の変わらない障害者総合支援法になったり、障害者差別禁止法は政府案が出てくるかさえ分からない状況になりました。
 これからの展開によっては、あらゆる局面でいわゆる「骨抜き工作」が行われる可能性があります。私たちの望まぬ法律ができるのは許せません。私たちの考え・思いを理解頂き、私たち障がい者のため、いやもう一歩進めて考えれば健常者を含めた日本国民のために「骨抜き」を許さない活動をしていくことが重要だと思いました。
 これからの障がい者運動のポイントは、障がい者制度改革推進会議が法律づくりにも、どれだけかかわれるかということで、「何をつくるかではなく、誰がつくるか」という所となってくる、という藤井さんの発言は大事なことだと思いました。

CIMG0735.jpeg

↑ 市民セミナーで講演するきょうされん藤井常務理事


今回ご報告いただいたCILたすけっとのブログはこちらです。

カテゴリ:研修情報 2013/01/31

イベント・研修情報

きょうされん宮城公開セミナーのご案内

真の制度改革実現を目指して

「総合支援法」で私たちはどうなるの?

自立支援法に変わり障害者の方々の生活に大きな影響を与えるであろう「総合支援法」ですが、障害のある当事者もその支援者も「なにが問題で」「なにをどうしていけばよいか」がわからずにいます。

前政権下で議論・検討されていた「総合支援法」の骨子は、当事者の意見が十分反映されないまま成立してしまうかもしれません。

今回は障害者の制度改革に力を注いでこられた、きょうされん常務理事の藤井克徳氏を講師に、「総合支援法」について学び、ともに考えたいと思います。

多くのみなさまのご参加をお待ちしております。 ご案内はこちらです。(PDF)


きょうされん宮城公開セミナー

 平成25年1月20日(日) 13:30~16:00

 仙台市シルバーセンター 第一研修室

 講師 藤井 克徳 氏 (きょうされん常務理事)

※資料代 700円 ※うち200円は、きょうされん宮城支部震災被災事業所への再建支援募金とさせていただきます。


 

 

カテゴリ:研修情報 2013/01/12

イベント・研修情報

2013年 はらから福祉会より年頭のごあいさつ

  ゴールは遠い、でも見えつつある  

P1001721.JPG

 

 

はらから福祉会 理事長 武田 元

 

明けましておめでとうございます。平成25年の幕開けです。


 昨年は震災から2年目、皆様にとってはどのような1年でしたでしょうか。はらから福祉会にとってもいろんなことがありました。


 私たちの取り組みの結果は何によって評価されるのでしょうか。それははらから福祉会の理念、目標と目的です。私たちは何のために施設をつくったのか、何を目ざしているのかです。はらからは、たとえ障害があったとしても、たとえ障害が重かったとしても働くことは人間にとってもっとも基本的な営みであると考えてきました。その上で仕事の質と量そして賃金の保障、これを目指してきました。


 そういう観点からすれば昨年は満足できる結果を出すことはできませんでした。その原因は何だったのでしょうか。そのヒントを見つけました。「プロダクトアウトからマーケットインへ」です。


 これはヤマト福祉財団の有富理事長が昨年行われたパワーアップフォーラムで強調していたことです。プロダクトアウトはつくった物をどう売るかということ、マーケットインは消費者が求めているものをどうつくるかということ、障害者施設はともするとプロダクトアウトになりやすい、大事なのは消費者が何を求めているかであり、このことを抜きにした事業経営は考えられない、こんな内容でした。はらから福祉会は商品づくりに自己満足的な部分は無かったか、消費者の視点を失っていなかったか、問われるところです。


 はらから福祉会は無認可時代を含めると30年間いろんな事業に取り組んできました。その間いろんなつながりができました。そこから今様々な問い合わせがくるようになりました。問い合わせは正に需要、消費者の動向です。技術的にとても難しそうな仕事、現状の設備や広さでは不可能な仕事、等々お客さんが求めているものに対応しようとしたら今までのやり方では不可能なことが少なくありません。これにどう対応するのか、これが問われます。


 昨年半ばから、今後のはらから福祉会の方向性を求めて、「はらから未来プロジェクト」を立ち上げました。具体的課題は①事業の確立、②人材育成、③営業体制整備です。事業の確立については、利用者賃金(工賃)時給700円を支給し全員をA型にしたとしてもやっていける事業です。40人規模の施設で年商1億円以上の事業ということになります。


 人材育成については法人の理念を実現するために必要な知識と技術を総合的に身につけてもらおうというものです。営業体制整備は法人組織の役割分担を明確にするためのものです。事業経営を実質的に「プロダクトアウトからマーケットインへ」変えるためには、確かな営業力が求められます。プロとしての営業体制を整備する必要があると考えました。営業結果に責任をとる体制を早急に整備する計画です。従って役割分担としては、販路の拡大や売上確保に責任を負うのは営業部で、各施設は営業部が求める品質と量の製造を行うことになります。


 国は工賃倍増5か年計画から工賃向上3カ年計画へと利用者工賃の向上対策を進めております。時代は障害の有無や重さを理由に低工賃を容認できない時代になりつつあります。
はらからは無認可時代から一貫して利用者工賃(賃金)保障を事業経営の大きな柱に据えてきました。いよいよゴールは見えてきました。でも見えつつ遠い。現実は前述したように困難な課題が少なからずあるからです。


 私は迷ったら一歩前へ出ようと思います。原点に立ち返りその選択が間違いでなければ進もうと思います。確かなのは、私たちの願いである仕事の質と量そして賃金の保障が停滞しているのは、今までのやり方に原因があると思うからです。


 過去は変えられない、しかし過去から学ぶことはできる。現状は過去の総まとめ、ここからきりスタートできない、そして未来は変えられる。
 こんなことを考えながら新年をスタートさせたいと思います。 


 本年もよろしくお願いいたします。


 

カテゴリ:未分類 2013/01/01

1 

はらからとは?