文字サイズ

ホーム > はらからとは? > イベント・研修情報

イベント・研修情報

賀正~新年のご挨拶~

 

賀正

 明けましておめでとうございます。
目指すは月額工賃7万円。昭和58年無認可小規模作業所「はらから共同作業所」を開所してから30数年、悲願のゴールが見えてきました。そのゴールへ一歩でも近づくためにはどうすればいいのでしょうか。
 人は皆、障害の有無、程度、種別に関係なく、自立した暮らしをしたいと願っています。月額工賃はその願いに応える第一歩です。私たちの存在意義が問われる一年です。
 本年もよろしくお願いいたします。

社会福祉法人 はらから福祉会 理事長 武田 元

 

年賀状をクリックすると大きくなります。
2017-年賀状

カテゴリ:イベント情報 2017/01/01

イベント・研修情報

年末のご挨拶と年末年始休業のご案内

 

年末のご挨拶

 1年間ご支援ありがとうございました。
本年は4月に自立訓練事業所(生活訓練)「はらから蔵王塾」とグループホーム「八山(はちやま)はらからの家」がスタートしました。更に10月1日、七ヶ浜町にグループホーム「櫂(かい)」が15人規模でオープンし新たな一歩を踏む出すことが出来ました。働く場と生活の場の確保は表裏一体の課題です。本年も一歩前進できました。皆さんのお力添えのおかげです。ありがとうございました。

社会福祉法人 はらから福祉会 理事長 武田 元

 

 

 年末年始休業のご案内 

平素は格別のお引き立てをいただき御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、年末年始のため下記の通りお休みとさせていただきます。

 

【 年末年始休業期間 】

2016年12月29日(木)~2016年1月3日(火)

■ご不便とご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

カテゴリ:イベント情報 2016/12/19

イベント・研修情報

11/19(土)ネットショップOPEN!

【はらからのお知らせ】  

 11/19(土)より 
「はらからネットショップ」がOPENしました!  

ネットショップ_サムネ 
はらから製品がネットで購入できるようになりました。
人気商品の冬ギフトセットを多数ご用意しております!ぜひご利用ください。

※オープン時間は11/19(土)9:00からとなりますのでご注意ください。

 
<冬ギフトセット掲載期間>

 日 時:2016年12月24日(土)12:00まで

 

みお七ヶ浜の新商品「志波姫ポーク」「サラダチキン」のお肉セットをご用意!
人気のはらから豆腐・油揚げ類のセット・長期保存できるレトルトセット・仙台銘品の牛タン・はらからお菓子の詰め合わせセットなどもございます。はらから製品をぜひお歳暮でご活用ください。

 

お問い合わせはこちらまで:TEL 0224-58-3443

 

カテゴリ:イベント情報 2016/11/19

イベント・研修情報

第13回日本一はっとフェスティバルに登米大地が参加します!

【イベントのご案内】  

 「第13回 日本一はっとフェスティバル」!  

 
宮城県登米市の事業所『登米大地』が、
「第13回 日本一はっとフェスティバル」に参加いたします!

 
<第13回 日本一はっとフェスティバル>

 日 時:2016年12月4日(日) 10:00~14:00

 場 所:迫中江中央公園(登米市役所迫庁舎前)
     
(宮城県登米市迫町佐沼字中江2-6-1)

 

登米名物の「はっと料理」の日本一を決めるイベント。出来たての美味しい「はっと」に舌鼓を打ちながら、食べ比べはいかがでしょうか?

また会場では、地場産品の販売やステージイベントも行われます。

皆さまのご参加ぜひお待ちしております!!

お問い合わせは第13回「日本一はっとフェスティバル」実行委員会事務局(登米市産業経済部商業観光課):TEL 0220-34-2734

 

はっとフェスティバルはっとフェスティバル 登米大地

カテゴリ:イベント情報 2016/11/18

イベント・研修情報

はらから会研修 映画上映会

はらから会の研修として上映会を行います。
ご参加お待ちしています!
 
----------------------------------------------
 
映画「風は生きよという」
 
映画紹介
 
呼吸器から吹く風に乗り、つながりあう人と人との物語。
もしもあなたが、病気や障害のために身体を動かせなくなったとしたら、どんな人生を想像しますか?
映画が映し出したのは、ふつうの街でふつうの生活を送る人びと。
特別なことといえば、呼吸するための道具・人工呼吸器を使用していることくらい。
人工呼吸器。ひと昔前、それは巨大な鉄の箱で出来ていた。
こんなものに頼るならいっそ死んだ方がまし― そう思われるには、十分すぎる見た目だった。
いま、呼吸器はお弁当箱に様変わり。
散歩も旅行も買い物も、ひとり暮らしさえも可能にしてくれた。
呼吸器からは、休みなく空気が流れてくる。「シュー、シュー」と、まるで風のように。
淡々とその生活を映し出し、歩んできた人生を見つめた時、浮かんできたのは日常の尊さ。たくさんの支援が必要だからこそ、多くの人に出会え、自由に動くことができないからこそ、生きてあることに感動する。じんわりとこころを揺する、人と人とが織りなす物語。
もしもあなたに、思うように身体を動かせない、そんな日が来た時は思い出してほしいのです。
映画の中を駆け抜けていた、風の音を。
その風に包まれた人と人とが、支えあいながら生きていたことを。
 
2015年/日本/81分/ドキュメンタリー
 
----------------------------------------------
 
期 日:平成28年 11月 27日(日)13:30~15:00
会 場:はらから地域生活支援センター ホール
(JR東北本線 船岡駅前・駐車場あります。)
定 員:50名  
参加費:無料
※電話にてご予約いただけると、お席を確保しておきます。
 
当日、宍戸大裕監督が来場。お話を聞けます。
 
文部科学省特別選定 推薦:NPO法人 LiFESET 日本筋ジストロフィー協会
お問合せ先:はらから会 0224-58-3446
 
公式サイト
http://kazewaikiyotoiu.jp/
映画「風は生きよという」上映実行委員会

bira-omotebira-ura-

カテゴリ:イベント情報 2016/11/15

1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ 

はらからとは?