文字サイズ

ホーム > 施設のご紹介

施設のご紹介

くりえいと柴田 石窯ピザと牛タンのレストラン らぽるの森

らぽる スライド

晴れた日は、遥か彼方に太平洋の水平線を望む柴田町太陽の村。 町の補助事業(国の地方創生加速化交付金事業)で旧館が改修され、その一角に、ピザと牛タンメニューのレストラン「らぽるの森」が、2017年4月1日オープンいたします。

らぽるの森の「らぽる」は、イタリア語で人と人との繋がりを意味する単語、Rapporti(ラッポルティ)から語源をいただきました。「森」は集まりを意味しており、多くの方がここに集い、つながってほしいとの願いが込められています。
 
らぽるの森で利用者さんが作るおいしいピザや牛タンメニューを通して、お客様も私達も一緒に人と人との繋がりを創り出すお店にしたいとの願いを込めました。利用者さんが生き生きと働く姿やはらからの製品を通じて、 地域の人が繋がり、太陽の村やらぽるの森に活気が生まれ、柴田町が更に生き生きと笑顔溢れる町になりますように。

みなさま、是非、らぽるの森へ足を運んでみて下さい。
これからの季節は、最高の場所です。ご来店お待ちしております。


外観

施設内部

ピザ生地つくり

下ごしらえの様子

制服姿の利用者さん達
 


 メニュー表(クリックすると拡大してご覧いただけます) 

 


 

施設の概要
施設名 くりえいと柴田 石窯ピザと牛タンのレストラン らぽるの森
所在地 〒989-1621
宮城県柴田郡柴田町大字本船迫字上野4-1 「太陽の村」施設内(旧館1階)
電話番号 0224-51-8133
FAX 0224-51-8135
メール create@harakara.jp
開設 平成29年4月1日開所
職員配置 くりえいと柴田に準ずる
開所日 水曜日~日曜日 ※年末年始以外は祝日も仕事をします。
作業内容 レストランの営業
その他 昼食は希望者へ販売。
送迎バス有り、作業服等は貸与

 


大きな地図で見る

カテゴリ:施設のご紹介 2017/03/28

はらから蔵王塾

 はらから蔵王塾とは? 

  〇 はらから蔵王塾は障害者を働き手に育てる事業です。
  〇 はらから蔵王塾は人材育成を介護事業及び農産物の生産・加工・販売事業を通じて行います。
  〇 はらから蔵王塾は障害者の人材育成を地域の皆さん、
    特に福祉及び農業関係者に担っていただきたいと思います。
  〇 はらから蔵王塾は障害者の人材育成を通して、仕事を興し雇用を生み出します。
  〇 はらから蔵王塾は塾生をはじめとする関係者を町外から呼び込む事業です。
  〇 はらから蔵王塾は障害者や高齢者が役割を持って生活することができることを目指します。

 
DSCF1148
外観(1)
DSCF1147
外観(2)

 


 

「はらから蔵王塾」の入学をお考えの方は、下記【利用相談要綱】をご確認ください。


●【利用相談要綱】

●【利用相談申込書】

 

施設見学はこちら

 



施設の概要
施設名 はらから蔵王塾
塾長 小熊 久男
所在地

〒989-0916

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字八山4-395(地図/グーグルマップ)
(蔵王山水苑内 案内図)

電話番号 0224-26-6606
FAX 0224-26-6607
E-mail info@harakara.jp
開設 平成28年4月1日
利用定員 自立訓練 20名
事業内容
①自立訓練(生活訓練):2016年度4月より2年間予定
②就労移行支援:2018年度4月より2年間予定
 ※4年間を目安として就労する力を身に付けます。
 ※利用する際には、各市町村の福祉サービスの支給決定が必要になります。
 ※自立訓練から就労移行へ進む場合も同様です。
開所日 火曜日~土曜日 9:00~16:00

実習予定先

・(社福)芽吹 特別養護老人ホーム「せせらぎのさと蔵王」
・医療法人社団リラの会 介護老人保健施設「リラの郷」
            グループホーム 「リラの風」
            ショートステイ 「リラの夢」
・(社福)はらから福祉会 就労支援事業所「蔵王すずしろ」
                    「食彩工房はらから」
・直売所「蔵王夢づくり」
・蔵王山水苑 ・その他

資格・対象者

受給者証を取得している(取得見込み含む)知的障害児・者。
その他
・市町村の基準に従います。
 ※福祉サービスの利用には一部費用が掛かる場合があります。
・食費や教材費、行事費は実費負担になります。

 


大きな地図で見る


蔵王山水苑内 案内図。クリックすると拡大してご覧いただけます。

カテゴリ:施設のご紹介 2015/11/27

蔵王すずしろ

蔵王すずしろは、はらから福祉会が初めて法人認可を受けた施設であり、はらから福祉会の代名詞である木綿豆腐を製造しています。 蔵王山麗の七日原という広大な土地にあり、美味しい水ときれいな空気の良好な環境の下で、大豆製品の製造を行っています。

DSCF1148
外観(1)
DSCF1147
外観(2)


さしみ湯葉の引き上げ


厚揚げ用の豆腐の袋結び

パック豆腐のシラーをする

 


製造商品

P1060306
はらから豆腐(もめん)
 
原料に宮城県産大豆100%と塩田にがりを使用した手作り豆腐です。 
大豆の味と香りが楽しめる、昔ながらの豆腐です。
 
●賞費期間 /製造日より4日間
●保存方法/要冷蔵

 


 

施設の概要
施設名 蔵王すずしろ
施設種別 就労継続支援(A型)・就労継続支援(B型)
施設長 小石澤 邦彦
所在地

〒989-0916

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原1-729( PDF地図グーグルマップ )

電話番号 0224-34-1331
FAX 0224-34-1332
E-mail suzusiro@harakara.jp
開設 平成9年4月1日
利用定員 40名(A型:10名、B型:30名)
職員配置

施設長(管理者)  1名

副施設長(サビ管)  1名

支援員  9名 事務員  1名

医師(嘱託)  1名

開所日 火曜日~土曜日
作業内容 豆腐、豆乳、湯葉、乾燥事業
申込方法 居住地の福祉事務所(市の場合)、福祉課(町の場合)
その他

昼食は希望者に販売 送迎バス有り

作業服・靴は支給

 


大きな地図で見る

カテゴリ:施設のご紹介 2015/11/25

みお七ヶ浜

みお七ヶ浜レストラン ~ リニューアルオープン!~

食肉加工とレストランの営業

みお七ヶ浜は、海産物加工事業・ラーメン店の営業から、食肉加工事業とレストランの営業へ変更し、リニューアルいたしました。食肉加工事業では、加工食品を製造しております。併設されるレストランでは、ピザ・パスタのセットメニューから、仙台名物の牛タン定食などをご提供しております。

※「みお七ヶ浜・レストラン」は、火曜日~土曜日11:30~14:30の営業となります。

メニュー表はこちら  クリックするとご覧いただけます。

 

「みお」に込められた思い

「みお」は漢字で「澪」と表記し、海や川で船が往来する水路を意味し、目印として立ててある杭を「澪標」(みおつくし)と言います。障害者の皆さんにとって、道しるべになるような、また目的に向かって確実に進んでいく船となるような、そんな施設にしていきたいという思いが込められています。

みお絹ごしクラブのホームページ

はらから福祉会の就労継続支援施設(B型)みお七ヶ浜を応援するサポーターチーム、「みお絹ごしクラブ」 のホームページです。利用者の菅原さんのブログ「海が見える作業所日記」は必読です。ぜひご覧ください。


外観

レストラン 店内

 


 

施設の概要
施設名 みお七ヶ浜(しちがはま)
施設種別 就労継続支援(B型)
施設長 加藤 直己
所在地 〒985-0823
宮城県宮城郡七ヶ浜町遠山5丁目6番地40 ( PDF地図グーグルマップ )
電話番号 022-395-9477
FAX 022-365-7703
メール mio@harakara.jp
開設 平成19年4月1日
利用定員 20名(就労継続B)
職員配置

施設長(管理者)  1名  サービス管理責任者 1名
副施設長(支援員兼務)  1名
生活支援員  2名  作業指導員  2名
医師(嘱託)  1名
事務員  1名

開所日 火曜日~土曜日
※年末年始以外は、祝日も仕事をします。
作業内容

食肉加工、レストランの営業

申込方法 居住地の福祉事務所(市の場合)、福祉課(町の場合)
その他

作業服・帽子・長靴は支給します(レストランはエプロン支給)
送迎は基本的に七ヶ浜町内を無料で実施。

 


大きな地図で見る

カテゴリ:施設のご紹介 2012/07/02

くりえいと柴田

くりえいと柴田は、レトルト製品と菓子製品の製造販売をしている就労移行支援と就労継続支援B型の施設です。

くりえいと柴田の製品は皆で力を合わせて作ったものばかりです。まだ、くりえいと柴田の商品を食べたことのない方はぜひこの機会に食べてみてください。


外観(1)

外観(2)


施設内部


調理風景(1)

調理風景(2)

 


製造商品

おからこんにゃくハンバーグ(和豚もちぶた入り)
 
 
 
 

たっぷりミートソース/かぼちゃのポタージュスープ
 
 
 
 

お豆腐屋さんのゆば入りトマトカレー
 
ミヤギシロメ大豆使用のゆばと県内産大豆を具材に盛り込み、トマト風味の効いたこだわりのカレーです。
ご飯だけでは無く、パスタにもよく合うソースに仕上がりました。
 
● 消費期間 /製造日より2年間
● 保存方法/常温
 
 

牛タンカレー「タンとめしあがれ」
 
 
 
 

はらから かりかり豆
 
 
 

 


 

施設の概要
施設名 くりえいと柴田
施設種別 就労移行支援、就労継続支援(B型)
施設長 遠藤 路子
所在地 〒989-1763
宮城県柴田郡柴田町大字船迫字土平92  (PDF地図グーグルマップ
電話番号 0224-58-7773
FAX 0224-58-7774
メール create@harakara.jp
開設 平成18年7月1日
利用定員 40名(移行:6名、B型:34名)
職員配置 施設長(管理者)  1名
副施設長(サビ管)  1名
事務員  1名
支援員  8名
医師(嘱託)  1名
開所日 火曜日~土曜日
作業内容 レトルト製品 製造(ゆばトマトカレー、ゆば雑炊等)
パン製造 他
申込方法 居住地の福祉事務所(市の場合)、福祉課(町の場合)
その他 昼食は希望者に販売
送迎バス有り 作業服等は賃与 

 


大きな地図で見る

カテゴリ:施設のご紹介 2012/07/02

1 2 3  次へ 

はらからとは?