文字サイズ

ホーム > 施設のご紹介

施設のご紹介

蔵王すずしろ

蔵王すずしろは、はらから福祉会が初めて法人認可を受けた施設であり、はらから福祉会の代名詞である木綿豆腐を製造しています。 蔵王山麗の七日原という広大な土地にあり、美味しい水ときれいな空気の良好な環境の下で、大豆製品の製造を行っています。

DSCF1148
外観(1)
DSCF1147
外観(2)


さしみ湯葉の引き上げ


厚揚げ用の豆腐の袋結び

パック豆腐のシラーをする

 


製造商品

P1060306
はらから豆腐(もめん)
 
原料に宮城県産大豆100%と塩田にがりを使用した手作り豆腐です。 
大豆の味と香りが楽しめる、昔ながらの豆腐です。
 
●賞費期間 /製造日より4日間
●保存方法/要冷蔵

 


 

施設の概要
施設名 蔵王すずしろ
施設種別 就労継続支援(A型)・就労継続支援(B型)
施設長 小石澤 邦彦
所在地

〒989-0916

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原1-729( PDF地図グーグルマップ )

電話番号 0224-34-1331
FAX 0224-34-1332
E-mail suzusiro@harakara.jp
開設 平成9年4月1日
利用定員 40名(A型:10名、B型30名)
職員配置

施設長(管理者)  1名

副施設長(サビ管)  1名

支援員  9名 事務員  1名

医師(嘱託)  1名

開所日 火曜日~土曜日
作業内容 豆腐、豆乳、湯葉、乾燥事業
申込方法 居住地の福祉事務所(市の場合)、福祉課(町の場合)
その他

昼食は希望者に販売 送迎バス有り

作業服・靴は支給

 


大きな地図で見る

カテゴリ:施設のご紹介 2015/11/25

1 

はらからとは?